最初から

読む

 

川柳の部屋 山田晶子

▼[1999年頃]

 

テーマ「道」

人に道 きかれてうれしい 上京者 ←漫画を見る

 

 

自由部門

不景気で ケチの評価が ハネあがり

 

 

テーマ「流行」

ヤセるより 太めブームを じっと待つ

 

 

自由部門

おおらかに ビニール燃やす 田舎の人

 

 

 

 

 

 

▼[2000年頃]

 

テーマ「リサイクル」

捨てさせろ 牛乳パックの 小物入れ

 

 

テーマ「音楽」

歌よりも 話のうまい ミュージシャン

 

 

自由部門

恋をする たびにすごみが 出る女

 

 

自由部門

クレヨンに 採用されるか やまんば色

 

 

 

 

▼[2001年頃]

 

テーマ「電話」

会話減り 通話が増えた 日本人 ←漫画を見る

 

 

自由部門

しゃっくりは 始める方が 難しい ←漫画を見る

 

 

テーマ「未来」

未来より 過去が明るく 見える時代

 

 

テーマ「別れ」

フラれても 「別れたわ」って 態度とる

 

 

自由部門

軍とエロ 技術の進歩 支えてる

 

 

テーマ「子供」※添削の上、掲載

冷えきった 夫婦が放つ スパイの子

 

 

テーマ「足」

その道を 極めた人は 足好む

 

 

自由部門

世の中の 裏と表が わかるブス

 

 

テーマ「虫」

スイカ喰う 時だけ鳴いて ほしいセミ

 

 

自由部門

整形し 昔の男に しのび寄る

 

 

テーマ「株」

父はまだ 下がった株を 信じてる

 

 

自由部門

面白く ないから笑って 盛り上げる

 

 

自由部門

大切に しまって物を ムダにする

 

 

自由部門

タレントの 新境地 実は ガケっぷち

 

 

テーマ「勘」

飼い犬に 仕込んでみたい 野生の勘

 

 

テーマ「洋服」

脱ぎかけた 時が一番 いやらしい

 

 

 

 

▼[2002年頃]

 

テーマ「馬」

馬に乗り 王子探しに 行く女 ←漫画を見る

 

 

テーマ「挫折」

禁煙の 失敗願う タバコ屋さん ←漫画を見る

 

 

自由部門

プロデュース されれば私も うまくいく ←漫画を見る

 

 

自由部門

かたくなに 「農協」と呼ぶ うちの父

 

 

自由部門

結婚を 父は勧めて 母は勧めず

 

 

自由部門

美人妻 「美人」も「妻」も うらやましい

 

 

自由部門

不老不死 ジュディ・オングと 由美かおる

 

 

自由部門

砂漠では 雨が降った日 いい天気

 

 

自由部門

ブスだって ヒロインの美女に 共感し

 

 

自由部門

美人には 化粧を自粛 してほしい

 

 

自由部門

ブランドの いっそロゴだけ 売ればいい

 

 

自由部門

おいしさを 値段ではかる 味オンチ

 

 

自由部門

血眼で 美人のアラを 探してる

 

 

自由部門

伝染を 期待し美人の そばに寄る

 

 

自由部門

詠んでやる モテる女にゃ 詠めない句

 

 

自由部門

飛行機に 付いてたら怖い 若葉マーク

 

 

自由部門

内臓を 守りすぎてる 腹の肉

 

 

自由部門

欲望と いう名の電車に 乗るチカン

 

 

自由部門

友情の 片思いって 痛いかも

 

 

自由部門

一人寝の 連続記録 打ち立てる

 

 

自由部門

おろし金 なめたい衝動 寸止めし

 

 

 

 

▼[2003年頃]

 

自由部門

学歴は 学歴言う時 役に立つ ←漫画を見る

 

 

テーマ「空」

先頭は 責任重大 渡り鳥 ←漫画を見る

 

 

テーマ「お土産」

お土産は いっそ残った ドルがいい

 

 

自由部門

整形後 どうするんだろう 免許証

 

 

自由部門

ピアスあけ 自宅の鍵を ぶら下げる

 

 

自由部門

土足より 汚いくつ下 はいている

 

 

 

 

▼[2009年頃]

 

自由部門

うまいこと ノーベル後世に 名を残し

 

 

自由部門

犬とネコ 容姿が生死 左右する

 

 

テーマ「見栄」

圧かけて 詰める小さな 弁当箱

 

 

テーマ「見栄」

モテ自慢 するためわざと 遅刻する

 

 

テーマ「プレゼント」

いらねーよ その場で言いたい 引出物

 

 

自由部門

接客で 形状記憶 した笑顔

 

_____________________________________________

 

 

本にしようと思って勝手に作ってためといた

川柳 1円にもならない(仮)

 

「川柳虎の皮」への投稿を続けていたところ、200X年に川柳を本にしない? というような話がふんわり持ち上がる。張り切って新作をじゃんじゃん作ったものの、話が流れたので物置部屋に放置。2014年、大掃除中に発掘されたソレらをココで公開し、何らかの声がかかるのを待つことにする。

 

(現在、内装工事中)

マンガ家 業田良家先生による「川柳虎の皮」コーナーに、1999年から投稿開始。熱心だった一時期、勝手にノルマを月100本と決めて狂ったように投稿していたが、2004年に投稿を中断。

2008年秋、再び投稿魂に火がついたものの、2009年12月に「川柳虎の皮」が惜しくも連載終了となる。

 

Amazonの業田良家先生 著作ページ

ビッグコミック、オリジナル、スペリオールの公式サイト「BIG 3 NET」

「川柳虎の皮」の常連、杉山竜さんによる川柳サイト「pop dragon」

 

小学館『ビッグコミックオリジナル』 業田良家師匠 選

川柳虎の皮の入選作

 

●単行本『続 川柳虎の皮』『川柳虎の皮 オシャレ編』に掲載された句を、

 小学館と業田良家先生の許可を得て転載しています。

(ただし2009年分は、単行本に収録されていません)

●前月に募集されるテーマに沿った句と、テーマのない自由部門があります。

 

ホームへ

一、川柳虎の皮の
  入選作

 

  1999年頃

  2000年頃

  2001年頃

  2002年頃

  2003年頃

  2009年頃

 

二、川柳1円にも
  ならない(仮)

 

最初に戻る